【競馬やパチンコは終わり】今後オンラインカジノが大流行する5つの理由【還元率は?】

在宅太りのイラスト(男性)

「今オンラインカジノがアツいって聞いたけど何が良いの?メリットある?」

こういった疑問に答えます。


結論から言うと、オンラインカジノがアツい理由は以下5点です。

今後オンラインカジノが流行する理由
・還元率が高い
・国内規模No.1のパチンコが縮小する
・環境に依存しない
・初回ボーナス等の特典がもらえる
・依存させない仕組み

理由その1:還元率が高い

還元率とは

公営ギャンブルでは、掛け金に対する胴元(運営側)の取り分(控除率)は法律によって定められています

✅還元率の考え方
還元率=100%ー控除率(%)
例えば、参加者の掛け金合計が1000万円で、控除率が20%のギャンブルであれば、還元率は80%となり、当たった人に返ってくる総額は800万円となります。

よって、胴元が持っていくお金が少ない、すなわち還元率が高いギャンブルの方が、参加者が掛けに勝つチャンスが多くなります。

還元率ランキング

ギャンブル名 還元率
オンラインカジノ 93~98%
ランドカジノ 85~93%
パチンコ・パチスロ 80~85%
競馬 70~80%
ボートレース(競艇) 75%
競輪 75%
オートレース 70%
宝くじ 46%

このように、オンラインカジノの還元率はピカイチです。
一般的に還元率が高いとされ、海外まで足を運ぶ人も少なくないランドカジノ(ラスベガスやマカオなどにあるカジノ施設)よりも高い還元率を誇ります。
理由は以下2点です。

✅オンラインカジノの還元率が高い理由
・店舗が無く人件費や場所代などが低い
世界中の利用者へいつでも提供できる

また、ランドカジノは予想外の出来事に影響を受けやすいです。
具体的には台風などの天候、天災や2020年世界中を襲ったコロナウィルスなどの疫病の流行です。
一方で、オンラインカジノの運営についてはそういったリスクもなく、安定した収益をあげられるためその分を還元率に反映させることができています。

理由その2:パチンコは縮小する

まず、国内ギャンブル市場においてNo. 1の規模を誇るパチンコ業界が縮小する理由は以下3点です。

✅パチンコが縮小する理由
・店舗の維持や、機械に莫大なお金がかかる
・事実、利用人口は近年大幅な縮小傾向
・以前のように大規模なPRを行っていない

一方でオンラインカジノは場所や人件費等の経費を極限まで低くすることができ還元率を上げることができます。また、パチンコがPRを行わない理由は、利用者がオンランカジノへ移行することを止めるのは不可能になってきているからだと考えられます。
したがってパチンコ業はオンラインカジノと競合することができず、縮小していくと考えられます。

理由その3:環境を問わない

オンラインカジノの参加環境に関するメリットは以下です。

✅オンラインカジノの参加
どこでも参加できる(インターネット)
いつでも参加できる
外部要因に左右されない

まずオンラインカジノは、文字通りインターネット上で利用するため、PCやスマホさえあれば簡単に家から参加できます。

一方、パチンコは店舗まで足を運び、場合によっては開店前から並ぶ利用者も多く、ここには大きな差があります。
現に2020年、コロナウィルスの大流行で数々の娯楽施設が営業自粛をしている中、パチンコ店の「営業自粛に逆らう姿勢」が問題となりました。
さらに、緊急事態宣言が発表され外出自粛要請が出ていているにも関わらずそういったパチンコ店に並ぶ人々がいることも問題となりました。
他にも、うるさい音や悪い空気で健康にも悪いと考えられます。

次に、オンラインカジノは時間気にせずいつでも参加することができます。

一方、競馬や競艇に関しては、レースの時間が決まっているため、時間に縛られることになります。
他にも競馬や競艇は天候や天災により中止になったり、馬やボートのコンディションにも左右されます。
オンラインカジノはそれらの影響がないため、自身の実力だけでギャンブルを行うことができます。

このようにオンラインカジノは、いつでもどこでも参加ができる事に加え、天候や天災などにも左右されず、利用環境によって健康に悪影響を与えることもありません。

理由その4:特典がもらえる

オンラインカジノでは、初回登録の際にボーナスとしてお試し用のチップがもらえたりします。
一方、パチンコや競馬には当然その仕組みはなく、いきなりリアルマネーを賭けないといけません。
初めは操作方法や賭け方が分からず、お試しのために損失を出してしまうなどよくある話です。
なので、初回特典等がもらえるだけでもパチンコや競馬に比べ十分なメリットがあると言えるでしょう。

理由その5:依存させない仕組み

オンラインカジノでは、第三者の監査機関が常に運営を見張っており、プレイ規制等も施されているため依存症の方も安心してプレイできます。
一方でパチンコやスロットなどは、そういった対策がされておらず、言ってしまえば負けてくれれば負けてくれるだけ儲かるから良いという運営方針であると考えられます。
特に日本は他国に比べギャンブル依存症の比率が高く、500万人にもなると言われています。
それは、こういった規制を行っていないパチンコなどのグレーなギャンブルが主流となっているからだと考えられます。
ギャンブル依存症の増加は、犯罪率や自殺率等にも関係してきているのは明らかであり、数々の学術記述にもその事実は記されています。

まとめ

このようにオンラインカジノはパチンコや競馬等の公共ギャンブルに比べ圧倒的に利用者にとって親しみ易く運営されています。
なので今後のオンラインカジノ利用者は増加していくことはほぼ間違いないと言えます。
このサイトでは、オンラインカジノの中でも主にオンラインポーカーについて詳しく紹介しています。
ポーカーは、機械相手ではなく他プレイヤーもしくはディーラーが相手であるため、経験が勝ちに繋がってきます。
逆を言うと、初心者にはあまり勝てないような難易度です。
参加者がまだそこまで増えていない今、早めに登録し慣れておくことで、かなり優位に立てます。
そして莫大に増えていく新規参入者と今後勝負し、多くの利益を上げることができるかもしれません。
なので、新規参入者が増える前に、ぜひこちらから登録してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】