【あるある】超初心者がやりがちなポーカープレイ5選+改善方法も解説

2020年5月6日

前側の肩のストレッチのイラスト(男性)

「ポーカーを始めようと思うけど初心者だとバレたくないな。初心者感を消すにはどうしたら良いんだろう。」

こういった疑問に答えます。

元クソ雑魚ポーカープレイヤーの私が、初心者の時に行って恥をかいたポーカーのプレイを5つ紹介します。

この5つをプレイ中に行うと、ほぼ確実に初心者であることがバレてしまうので気をつけましょう。

特に初心者度が高くなるにつれ、速攻でバレますので注意です。

私を反面教師として踏み台にして下さい。

【初心者度:1】ブラフに負ける

相手のブラフを見抜けなく、強いハンドで降りてしまう事です。

これはあまり恥ずかしくないですが、何と言っても勿体無いです。

確実に勝っていくためには強いハンドで勝つことは必須です。

なので強くなるためには克服していきましょう。

改善方法としては、相手のアクションをよく観察し、覚えておいて下さい。

すると、(さっきコールしていたのに次はレイズ!?など)案外不自然なブラフが多く行われていることに気づくはずです。

暗記が苦手という人は暗記パンを食べ、相手のハンドを覚えておくようにしましょう。

さらに暗記パンの食べ過ぎでおなかが痛くなってしまった時のために、オムツを2枚重ねで履いておきましょう。

オムツが濡れた時は所構わず大声で泣き散らしましょう。相手を動揺させることができます。

【初心者度:2】オールインの基準

次に私がよくやっていた自殺行為は、プリフロップが開く前に、やたらとオールインをしてしまう事です。

ブラフの時(相手のハンドが強い時)のオールインは、ブラフだとバレやすくなり、(自分の)ハンドが強い時のオールインは、相手から取れるチップ量を減らしてしまう(すぐにフォールドさせてしまう)ことに繋がります。

なので長期的に勝つためには、適切なオールインを身につけましょう。

改善方法としては、オールインの基準を決めます。

私は基本的にオールインをするのは10BB以下になってからと決めてプレイしていました。

例えば、ハンドやポジション、役などで基準を決めておくなど、基準は細かいほど良いでしょう。

基準を決めるのが面倒だという人は、適切な基準を効率的に身に着けるためにも、最終章でオススメするPokerSnowieというアプリを使ってみて下さい。

それでもオールインしないと死んでしまう人は、ギラギラに目を光らせて「ウォオールイン!!」と叫びましょう。

そうすると相手が恐怖と同情で降りてくれるかもしれません。恥を捨てましょう。

【初心者度:10】ベットサイズのミス

ポットに対してかなり小さくベットをしてしまう行為です。

これは初心者が慎重になるあまりやってしまいがちなプレイです。

どういうことかというと、

例えば、プレイヤー数5人で全員コールしてポット(場に集まったチップ)が2000(一人400でコール)したとします。

次に自分の番が来てポット2000に対し、100をベットするような行為です。

これの何が問題かというと、まずはじめに400でコールしているのに、場のカードがオープンになった後に100ベットというのは弱気になっているという印象を与えてしまうからです

よって、何も役ができていないことが露呈してしまいます。

改善方法としては、これも基準を設けることがベストです。

私は迷ったらポット÷(プレイヤー数−1)をベットサイズと決めていました。

正しいベット方法を身に着けるためには、やはりAIに教えてもらうのが一番早いので、PokerSnowieを試してみて下さいね。

ベットサイズがわからず困ってしまい、何も手につかなくなった人は、隣の人に聞いてみましょう。

シカトされたら思いっきり隣の人のハンドを見て、みんなに教えてあげましょう。

【初心者度:20】フォールドをしようとしてやめる

これはオフラインポーカー特有ですが、フォールドをしようとしてやめるという行為です。

自分の番を間違えてフォールドしようとした後に、正しく自分の番が回ってきてコールやレイズなど強気なプレイをするというミスを初心者と対戦した時は度々見かけます。

いくら相手が弱気に見えたとはいえ、自分も弱いハンドであることがバレバレです。

この後どれだけ大きくブラフをかけようと、効果が半減してしまうので注意しましょう。

改善方法としては、まず自分のポジションがどこなのか、いつ出番が来るのかしっかりと確認しましょう。

ポジションによってポーカーは劇的に有利か不利が決まります。

ポジションを正しく把握し、そのポジション強みを活用することができれば、多少ミスをしても取り返すことができるかもしれません。

万が一間違えた場合は、場のカードをクチャグチャにして、ゲームを闇に葬りましょう。

醜態を晒してしまった相手と二度と対戦しなくて済みます。(出入禁止)

【初心者度:150】チェックできるのに降りる

チェックできるのにフォールドして降りてしまう行為です。

これはルールを分かっていないという一番の大恥行為です。

ポーカーでは、誰もチップを出していない状態か、全員が出しているチップが揃っている状態で自分の番が回って来た時は、チェック(何もしない)という選択ができます。

なので、絶対に降りないようにしましょう。

改善方法としては、自分の前の番の人が何て言うか、しっかりと聞いておきましょう。

もしチェックと言った場合は確実にチェックできますので安心して下さい。

もしコールやフォールドと言った場合でも、全員が出しているチップが揃っている場合はチェックできます。

もしレイズと言った場合は、チェックの権利がなくなるので注意です。

そんな時は、えー!!!うそーん。やだーと言いましょう。

効率的な改善方法

ここまで、実体験を踏まえて初心者がやってしまいがちなあるあるを5つ紹介してきました。

しかし、まだまだたくさんあります。

こういったミスをなくすためにも、ポーカーにまずは慣れましょう。

ただプレイ回数を重ねて慣れるのも良いですが、それだとプレイに変なクセが付いてしまう可能性があります。

なのでオススメはAIで学ぶことです。

AIを活用した勉強が効果的な理由【10日で全国優勝実績有】AIを用いたポーカー学習がおすすめな理由【PokerSnowie】で詳しく解説していますので、ぜひご覧になって下さい。

理由なんて良いから早くスキルアップしたいという方は、【3分で完了】無料AIポーカーアプリPokerSnowieの登録手順【超簡単】で登録手順も纏めておりますので早速登録しちゃいましょう。