【10日で全国優勝実績有】AIを用いたポーカー学習がおすすめな理由【PokerSnowie】

2020年5月8日

ポーカーでなかなか勝てずに悩んでいる人
「ポーカーで勝つための勉強方法が分からない。結局何を学ぶべきなの?効率的に学ぶ方法は?どのアプリがいいのかを知りたい。」


こういった疑問に答えます。

まず初めに申し上げておくと
私は今回お伝えする方法で、トーナメントにおいて、全国一位になれました。(事実です👍)

しかも!10日間(時間的には実質8時間程度)この方法を実践しただけです!

ちなみにそれまでは、色んな大会で大体秒速で敗退していました。😂(苦笑)

これは1位の時に届いたメールです(ドヤっ)↓

414名の参加者の中で見事1位になることができました!

ポーカー初心者によくあるやみくもなプレイは、スキルの上達に時間がかかるだけでなく、
「その界隈でしか通用しないプレイスタイル」など、変なクセがつく可能性があります。

ぜひこのページを読む時間の数分間だけ、私にお付き合いください

しっかりと理解し実践いただくことで、
あなたのポーカーライフにおける数十〜数百時間にも及ぶ勉強量を削減出来ると思います

ポーカーで学ぶべき最も重要なもの3つ【運ゲーじゃない!】

ここではポーカーにおいて学ぶべき最も重要な事をお伝えします。

ズバリ、以下です。

ポーカーで最も重要なもの

・勝負をする選択眼
・勝負をしない選択眼
・適切なチップコントロール

まずはこの3つに関しての概要と、なぜ必要なのか、どう向き合い行動するべきなのかを次章以降で説明したいと思います。

これらをしっかりと理解し効率的な勉強をするか否かで、ポーカーの上達速度、もっと言うとポーカー人生までを左右することになると私は確信しています。

今回は、それらを確実に理解していただき、
今後のポーカーライフの手助けをさせて頂けると幸いです。

では早速見ていきましょう。

勝負をする選択眼

ここでは、勝負をする選択眼の概要と、なぜ重要なのか、どう向き合って行くべきなのかを説明します。

勝負をする選択眼とは

結論から言うと、勝負をしたときに必勝出来るほどの判断力です。

どういうことかというと、ポーカーには勝負をするかどうか決めるタイミングがいくつかあります。

その時に、確実に勝てると判断出来るようになること、そして勝つことです。

この判断力は、運ではありません。

確率をマスターすることで、判断出来るようになってきます。

なぜ重要なのか

勝負をする選択眼なしに行うポーカーは、いわゆる運ゲーだからです。

戦場に無防備で行くようなものですので、自分の身を守るためにもしっかりと選択眼を身に着けましょう。

どう行動するべきなのか

上述した通り、確率をマスターすることです。

しかし、「確率をすべて覚えろ!」というものではありません。

この勝率以上の場合にのみ勝負をするという指標を持つ事が重要とだけ理解して貰えればいいです。

参考までに、勝率の例を1つ挙げておきます。

勝率の例【スターティングハンド】

ポーカーにおいて一番強いスターティングハンドは「AA」であり、プレイヤー数が2人の場合「AA」の勝率は85.3%になります。

このように確率(勝率)は、確実に勝てると判断する材料になるため、勝負をする選択眼において重要です。

勝負をする選択眼を身に着けるために、確率をマスターし、この勝率以上の場合にのみ勝負をするという指標を持てるようになりましょう。

しかしポーカーの勝率には落し穴があります。

次の章で、勝負をしない選択眼を学び、勝率の落し穴を回避していきましょう。

勝負をしない選択眼

ここでは、勝負をしない選択眼の概要と、なぜ重要なのか、どう向き合って行くべきなのかを説明します。

勝負をしない選択眼とは

結論からいうと、勝率では優っていると考えられるけれど、場の情報から判断し、負けている可能性に気づく力です。

ちょっと何言ってるか分からないと思いますので、具体例で解説します。

勝率では優っていると思うけど場の情報で負けている可能性があると判断出来る例【第一段階】

あなたのハンド:A,A チップ数:30,000
相手(ボタン)のハンド:■,■
 チップ数:50,000

①初期状態(potのチップ数:300)
あなた → レイズ600
相手 → リレイズ1200
あなた → コール1200

プリフロップ:A,2,2(potのチップ数:2700)
あなた → ベット2700
相手 → ALL IN
あなた → どうする!?

あなたの状況としては、
Aと2のフルハウスが完成しており、勝率がかなり高いです。

ここであなたならどうアクションしますか?

勝率を意識して、強気なプレイを続けるでしょうか?

では次に相手のハンドが分かった場合を見てみます。

勝率では優っていると思うけど場の情報で負けている可能性があると判断出来る例【第二段階】

あなたのハンド:A,A チップ数:30,000
相手(ボタン)のハンド:2,2
 チップ数:50,000

①初期状態(potのチップ数:300)
あなた → レイズ600
相手 → リレイズ1200
あなた → コール1200

プリフロップ:A,2,2(potのチップ数:2700)
あなた → ベット2700
相手 → ALL IN
あなた → どうする!?

こうなるとどうでしょう?

次にターンでAを引く可能性もありますし、この時点での正解はありませんが、foldしたくなると思います。

これが勝率の落し穴です。

そしてここでfoldをする力、これが勝負をしない選択眼です。

なぜ重要なのか

上述してきた通り、勝率だけではポーカーに勝つことはできないからです。

実際のポーカーは相手のハンドが見えない不完全情報ゲームであるため、勝率は予想値に過ぎません。

では限られた情報の中で勝率に踊らされないためにはどうするべきなのでしょうか。

どう行動するべきなのか

場数を踏むことです。

しかし、「何でも良いから場数を踏め!」というものではなく、以下のような適切な場で場数を踏んで下さい。

適切な場とは

・出来るだけ多くのプレイヤーがいる場
・初心者からプロレベルまで幅広いレベルのプレイヤーがいる場

foldをする判断が正確にできるまで適切な場でプレイし、相手の動き(アクション)を分析し、都度答えあわせをする事が重要とだけ理解して貰えればいいです。

これを聞くと、果てしなく時間がかかりそうですが、適切な場の選び方さえ間違わなければ自然と分析できるようになるので大丈夫です。

今回は最後に(答えあわせも出来る)適切な場の紹介もさせていただきますので、そこで分析しまくってみてください!

適切なチップコントロール

適切なチップコントロールとは

結論から言うと、勝つ時に得るチップ数を最大化し、負ける時に失うチップ数を最小化することです。

適切なチップコントロールが出来るようになると、たとえ良いハンドがたまにしか来ない時でも、勝負をした際に獲得するチップ数を最大化し、勝ち越すことができます。

なぜ重要なのか

勝ち負けの数によらず、チップを増やせるようになるからです。

まず失うチップの最小化について前章での具体例を用いて説明します。

適切なチップコントロールの例【失うチップの最小化】

あなたのハンド:A,A チップ数:30,000
相手(ボタン)のハンド:■,■
 チップ数:50,000

①初期状態(potのチップ数:300)
あなた → レイズ600
相手 → リレイズ1200
あなた → コール1200

プリフロップ:A,2,2(potのチップ数:2700)
あなた → ベット2700
相手 → ALL IN
あなた → どうする!?

この時、失うチップを最小化するには、foldします。

しかし、これは本来負ける勝負なのでしょうか?

適切なチップコントロールにより勝つことができないでしょうか。

例えばこんな場合で相手の立場に立ってみて下さい。

適切なチップコントロールの例【情報が限定的な段階で勝つ】

あなたのハンド:■,■ チップ数:30,000
相手(ボタン)のハンド:2,2
 チップ数:50,000

①初期状態(potのチップ数:300)
あなた → レイズ600
相手 → リレイズ1200
あなた → リリレイズ12000
相手 → どうする!?

とてもじゃないですが、2,2のハンドでコールしようとは思いません。

よって相手はfoldすると考えられます。

最後に、チップコントロールにより獲得するチップ数を最大化する例を挙げてみます。

適切なチップコントロールの例【獲得するチップの最大化】

あなたのハンド:A,A チップ数:30,000
相手(ボタン)のハンド:■,■
 チップ数:50,000

①初期状態(potのチップ数:300)
あなた → レイズ1200
相手 → リレイズ2400
あなた → リリレイズ12000
相手 → fold

このように初めにレイズを少し強気で出すことで上手くpotを釣り上げ、次にドンと引き上げることで、相手を不安にさせ、foldさせて勝ちましょう。

ここまで例をいくつか挙げてきましたが、まずは勝つことが重要です。

負けてしまった時は、なるべくチップを減らさないことも意識しましょう。

そのためには適切なチップコントロールが重要な理由を理解してもらえたと思います。

どう行動するべきなのか

これは正直、うまい人の真似をして自分の指標を作るしかないです。

期待値云々の話もありますが、確率で全てを語れるゲームでは無いので個人的に難しく考える必要は無いと思っています。

なので、真似をするのが一番ということです。

ちなみに「期待値考えなくても良いの?」と不安な方も安心して下さい。

次の章で、うまい人の真似が出来るようになり、かつ期待値も踏まえた指標を作ることが出来るような勉強方法を紹介します。

効率的に勉強する唯一の方法【オススメのアプリを紹介】

これまでポーカーに重要な3つを述べてきましたが、ここで「じゃあ具体的にどうやって学ぶべきなのか」について紹介します。

ズバリ、AIです。

そして、今回紹介するポーカーのAIは、『PokerSnowie』というものです。

なぜPokerSnowieをオススメするかというと、圧倒的な使い勝手にあります。

PokerSnowieはスマホアプリも配信しているため、とても便利です。

しかも10日間無料で使えるというのはとても大きいです。(実際10日あれば十分です)

10日過ぎても自動的に利用料が発生する事もなく、ログインできなくなるだけなので、安心して登録出来るます。

PokerSnowieが有効だと考える理由は以下です。

PokerSnowieが有効な理由

【能力面】
・最善のアクションを(確率や期待値から)選ぶことができる
・最善のアクションを(ポジションから)判断し選ぶことができる
・相手のハンドを予測し、弱い場合は(自分のハンドに関わらず)適切にチップを賭けることができる(ピュアブラフ)
・役ができていなくてもその後の展開で役ができる可能性を見越してチップを賭けていくことができる(セミブラフ)
【機能面】
・誤ったプレイについてリアルタイムで知らせてくれ、適切なアクションを教えてくれる
・(ヘッズアップや5プレイヤーを選択可能など)対戦形式、チップ数などの設定も充実している

このように確率や期待値だけでなく、ブラフを見抜き、ブラフを仕掛ける判断力を持っているのはかなりの強みだと思います。

他にもAI学習特有の利点として、

「人間の感情を持たないため、冷静な判断力を養える」

「他の人の考える時間を待たなくて良いため、対人の他アプリよりもゲーム展開が早く効率的」

といった点も、実際利用してみて感じました。

もっと詳しくPokerSnowieについて知りたいという方は、

【オススメ】PokerSnowieというAI搭載の無料ポーカーアプリのコスパが異常【徹底レビュー】で詳しく解説しておりますので、是非見てみてください。

有効な理由で述べたように、PokerSnowieはかなり判断力に長けており、リアルタイムの指摘によりAIと同じ判断を感覚でできるようにアプリは設計されています。

しかも、対人の他のアプリやアミューズメントギルドに比べて、かなりスピーディにゲームが展開されるため、学習と答えあわせの効率を最大限まで引き上げられます。

なので是非、PokerSnowieでポーカースキルを高めてみてはいかがでしょうか。

【3分で完了】無料ポーカーアプリ「PokerSnowie」の登録手順をわかりやすく解説します。【AI搭載】


【以下ご参考】
PokerSnowieでポーカースキルが上達したら、実戦で腕試しをしたくなると思います。
そんな時のために、私がイチオシのオンラインポーカーサイトであるPokerStarsへの登録も
無料かつ簡単にできるので、同時にしておくことをオススメします。

一応登録方法を簡単にまとめてあるので、ぜひこちらから登録してみてくださいね。

【必見】POKER STARSとは?登録方法を徹底解説!